KAIENTAI DOJO情報ブログ

プロレス団体 KAIENTAI DOJOの最新情報をお知らせします。公式サイトはwww.k-dojo.co.jp

81d7dad8.jpg柏、MIYAWAKI vs SUPER-X、山縣は、序盤で山縣選手が捕まるシーンがあったが、柏選手をボディスラムで投げたのは圧巻であった。
試合は、最後は柏選手が山縣選手を仕留めて終わったが、新宿で試合の組まれていない柏組が難癖つける。
MIYAWAKI「試合に負けた山縣が試合あるのに、何で俺達が試合ないんだ!キングは新宿で試合がしたいんだ!」
とアピール。すると話はSUPER-Xに飛び火。
MIYAWAKI「SUPER-Xお前またニラとシングルだろ?いい加減飽きただろ?そこでだ、お前とニラがタッグ組んで、俺とキングでタッグマッチはどうだ?」
SUPER「俺はニラでいい。」
と柏組の話をあっさり拒否。
すると、それなら考えがあると言ってSUPER選手のマスクを剥ぎにかかる。
そこに、雷斗選手登場。
雷斗「マスクマンの命でもあるマスクに手を掛けるとはゆるさん!」
といい二人に立ち向かい蹴散らす。再びマイクを持ち
「昔、困った時は助けるって言っただろ!水臭いじゃないか。」
と言うと何処からかニラ選手が登場して、訳の分からないうちに柏、MIYAWAKI、石坂 vs SUPER-X、雷斗、ニラが決まる、これには柏組も納得して新宿のカードが決定してしまった。
最後、柏組がいつものセリフで締めようと思った瞬間一人の男がマイクを持った。
SUPER-X選手である。
柏選手の決め台詞を「頭を使ったレスリングを見せてやる」と横取り。
してやったりのSUPER-X選手でした。

1ef280d2.jpg第3試合は雷斗vs石坂。
序盤は、らしからぬテクニカルな攻防を展開。
しかし、雷斗選手のお前はケツ出してればいいんだ!
の一言から一転、石坂選手は半ケツ状態に。
そのまま、客席に半ケツのままなだれ込んで行く。
だが、最後は雷斗選手の鮮やかなテクニックで勝利。
かくして、今日も千葉の平和は守られたのであった。
おしまい。

試合後の石坂選手に話を聞こうと思ったが、治療の最中でした。のでコメントは頂けませんでしたが、お尻を激写しました。
試合後の石坂選手のお尻には雷斗選手の竹刀攻撃の痕がくっきり!

38f94d30.jpg第2試合は火野裕士 vs DJニラという異色なカード。
試合内容はニラ選手から来たお客様が分かればいいというのであえて内容は書きません。そのかわりお話を聞く事が出来た。
ー今日の試合はいかがでしたか。
ニラ「火野というアスリートのポテンシャルを封じ込める幻惑殺方を見たか。要はだ、去年S-KのRAVEブロックの頂に居た男も所詮DJニラからしてみればベイビー、コインロッカーベイビー。出生の秘密はコインロッカーベイビーだと言う事だ。」
全く訳が分からないニラ選手の言動。
しかし、その姿は崇高でさえあった。
全く、謎多き人物である。
ニラ選手からすれば試合に負けて勝負に勝つという事なのでしょうか。
ニラ選手は誇り高きエンターテナーだなとインタビュー後思った。

1b682b9f.jpg
第一試合にJOE選手が登場して梶選手とシングルマッチ。
これにはお客さんもびっくり。
梶選手にとってはラッキーだったのかも、チャンピオンとシングルする機会なんて新人選手には滅多にあるもんじゃないので。
試合はハンサムのワンマンショーという感じは否めなかったが、いい経験になったのではないでしょうか。そんな梶選手に聞いてみた。
梶「…全然駄目です。せっかくのチャンスだったんですが、もっともっと頑張ります。」
これから色々ま選手との試合が待ってます。1試合、1試合頑張って下さい。

bbefe778.jpg
先週勤王党に入りたいと志願した、小幡選手。その気持ちが本物なのか確かめるとKAZMA選手の方からシングルを要求して決定したKAZMA vs 小幡のシングル。
果たして結果は。
試合は、KAZMA選手の激しい攻撃に耐える小幡選手。やられても、やられても立ち上がる姿は見ている者にも気迫が伝わってきた。
最後は負けてしまったが、KAZMA選手にも気持ちが伝わったのでしょう、小幡選手の勤王党入りが認められた。その二人に試合後話を聞いた。
小幡「まだまだ力の差を感じた。とにかく上を目指してもっともっと頑張る。」
と、いえば一方のKAZMA選手は。
ーいかがでしたか今日の小幡選手は。
KAZMA「気持ちは伝わった、でもまだまだ出せると思うし、出して欲しい。」
ー小幡選手に期待するところは。
KAZMA「今までの勤王党にないタイプだよね、あいつの持ち味のスピードとバネを活かした、機動力のある試合に期待したいね。」
今後の勤王党に期待したい。
これからどんな勤王党になるのか楽しみです。

このページのトップヘ