KAIENTAI DOJO情報ブログ

プロレス団体 KAIENTAI DOJOの最新情報をお知らせします。公式サイトはwww.k-dojo.co.jp

cad40d80.jpg
第三試合はスラムローズvsブルー、ヴァレンシアのタッグマッチ。
最近メキメキと力を付けたブルー選手にてこずるも最後は、アップル選手がダイビングフットスタンプでヴァレンシアをフォール。
試合後のスラムローズは「とにかくハードコアをやらせろ!タイトルマッチも組め!って会社に直談判するよ」と凄んでみせた。

最近、中々組む機会がなかったスラムローズ。
この主張は果たして聴き入られるのか?

6e0a6f42.jpgGETの第二試合は、3Wayマッチ。
PSYCHO、旭、バンビと言う面々。
PSYCHOと旭は博多でUWA世界ミドルを争うので、どちらも負けられない試合。
最後は、PSYCHOが混戦の中、丸めこんで勝利した。
決してコメントはしないが勝利を確信した顔をしていた。

187bcbe8.jpg
GETの第一試合は、TAKUvs梶の若手対決。
若手の壁となるTAKU選手に梶選手は食ってやろうと気合い満々で挑んだこの試合。しかし、キャリアの差はいかんともしがたく、最後はTAKU選手のコンバインで散った。
試合後の梶選手は「とにかく悔しい!もっと強くなってやる!」と語った。

早く頑張って先輩を越える日が来る事を祈ってます。

e0b4aeda.jpg明日は、先月の美浜大会以来となる、TAKA選手のKAIENTAI DOJOでの試合。
膝の具合はまだまだ不安ですが、本人が大丈夫と言うのであれば後は応援するしかないですね。
そんなTAKA選手のコメントを道場にて取ることが出来ましたので紹介いたします。



ーウェイト中スイマセン。復帰について一言だけコメントいただけますでしょうか。
TAKA「復帰って事なんだけど。全日本で体慣らしはしてきたから明日は、10月のホールと同じ結果を残し、12日の十嶋戦に備える。」
ー膝は大丈夫なんでしょうか?
TAKA「膝への不安は全く無い!以上。」
と言ってまたウェイトを始めたTAKA選手。
膝への不安は一切ないと力強く語ったTAKA選手の顔は、晴れやかな顔だった。
明日は、全く問題無いようですね!
明日の試合に期待しましょう。

明日のJOE選手の復帰戦の対戦相手である、真霜選手。今の心境について語っていただいた。

−明日のJOE復帰戦で対戦する事になりましたが、今の心境をお聞かせください。
真霜『欠場して何をしていたのか知らないけど、あいつがどう変わったのか、自分の目で確かめてやろうと思っている。』

−バジリスクサイドは、スタイルを変える事を匂わせていますが、それについてはいかかですか?
真霜『スタイルを変える事自体は、脅威ではないな。ただ、(それに伴って)強くなって帰ってくるなら、むしろ歓迎するよ。』

−パートナーが柏組となったのですが、その点はいかがですか?
真霜『(現時点で)柏もMIYAWAKIも、パートナー候補の一人と考えているから、あいつらの力を確かめる意味でも、ちょうどいいと思ってるよ。もしも、二人のどちらかがJOEかウラノに勝てば、その場でパートナーに指名するかもしれない。』

−では、現時点での第一候補は、柏選手と見てよろしいでしょうか?
真霜『候補の一人ではあるけど、そこ(第一かどうか)は、言いたくないな。』

−それでは、最後にJOE選手について一言お願いします。
真霜『より強くなっていることを期待している。もしも、たいした変化が見られないようなら、容赦なく潰しにいくから覚悟しておけ。』

−ありがとうございました。
今回のJOE選手の復帰を誰より待ち望んでいたのは、真霜選手だったのかもしれない。
インタビュー中、厳しい表情の中に時折見せる不敵な笑いが、今後、この両者の戦いを一層、激しくしていきそうな期待感を感じた。
いよいよ明日、真霜選手とJOE選手の新たな戦いが始まる…。

このページのトップヘ