KAIENTAI DOJO情報ブログ

プロレス団体 KAIENTAI DOJOの最新情報をお知らせします。公式サイトはwww.k-dojo.co.jp

bbd3462a.jpgRAVE第4試合は、ハンサムVSレフトのシングルマッチ。
後楽園大会で真霜組とのタッグのタイトルマッチが決定している。
ハンサムはそんなことは関係無いとばかりに、今日もハンサム全開。
ハンサムはいつ何時、どんな状況でもハンサムである。
試合後ハンサムは、「このタッグのベルトは、真霜には相応しくない、このベルトはハンサムこそ相応しい、いつも通り後楽園はハンサムに始まり、ハンサムに終わる。それは、誰が相手でも変わらない事実。」
と言い切るJOE選手。
果たして、後楽園で真霜選手をハンサムに染めれるのか?
はたまた、前回の後楽園の二の舞になるのか?
後楽園楽しみである。

f8abc9de.jpg第3試合は、ガロガから高井憲吾選手が参戦した。
ウラノ、マイクvs柏、高井組というカード。
昨日、自主興行を終えたばかりの高井選手は元気いっぱい。
試合は、15分を超える熱戦になった。
柏選手と高井選手は、急造タッグとは思えないほどの好連携を披露。
最後は、柏選手がマイク選手をまっぷたつに捕らえようとしたところに、ウラノ選手がカットしようとした時に、高井選手がカットしてキャメルクラッチに持ち込み、ダブルまっぷたつでギブアップを奪った。
中々の連携に柏組に入ったら面白い選手だと思いました。
柏選手も、先輩と組んで安心して試合が出来たのではないでしょうか。

51da401f.jpg第2試合は、MIYAWAKI vs DJニラという珍カード。
これもRAVEならではでないでしょうか。
ある意味、RAVEのキーマンであるニラ選手。
MIYAWAKI選手とは、水と油かと思いきや中々見ごたえのある試合に。
最後は、ニラワールド全開でMIYAWAKI選手に敗れると言う結果に。
MIYAWAKI選手が結果勝ったのだが、完全に試合の主導権を握っていたのはニラ選手だった。まるでお釈迦様の手のひらで転がされている感じである。本当に、恐るべしニラワールド。

試合後のMIYAWAKI選手の顔が全てを物語っています。

RAVE FREEの第1試合は、Mr.X VS 山縣優のシングルマッチでスタート。
先日の、GPWA後楽園大会に出場して、乗ってる山縣選手は、最初から飛ばしていく。
途中返されるが、引き下がらず果敢に攻めていく山縣選手であったが、最後は老獪なMr.X選手の前にギブアップ負け。
今、NewStandardが揺れているだけに、姉御も心配なのでしょう。

e270f35a.jpg今日の、GETもメインは、KAZMA、ストーム VS TAKA、旭のタッグマッチ。
後楽園で、シングルが決定している、TAKA選手とKAZMA選手の二人は、お互い負けられない試合。
試合は、KAZMA選手が旭をKAZROCKで仕留めた。
試合後KAZMA選手は、「後楽園では、必ずTAKAを倒してGETのTOPに立ってやる。」と宣言。そして、先日のGPWAの大会で負けたNOAHの潮崎選手にリベンジも宣言した。

ますます、激化するGETのTOP争い。
果たして、後楽園で勝つのはどっちだ!

このページのトップヘ