KAIENTAI DOJO情報ブログ

プロレス団体 KAIENTAI DOJOの最新情報をお知らせします。公式サイトはwww.k-dojo.co.jp

6a1f9ae7.jpgゴングと同時に果敢に攻める梶選手。
しかし、百戦錬磨のMr.X選手には通用しません。
場外で一気に形勢逆転。攻められる部分が多くなってきた。
必死に技を繰り出すが、最後はXハンマーで勝負あり。
初勝利の日はまだまだ遠い。
頑張れ梶ヤマト。

6d5bdd8c.jpg十嶋選手とKAZMA選手にとって後楽園の前哨戦的な試合。
お互いパートナーは違えど、落とせない試合。
惜しくもパートナーの旭選手が負けてしまい、実質黒星が付いてしまった十嶋選手。
その十嶋選手のコメントが取れたのでお届けします。



ー今日の試合はいかがでしたか。
十嶋「しょうがない、俺が負けたわけじゃないしね。」
ーKAZMA選手は、次は旭選手じゃなく十嶋選手だとおっしゃってましたが。
十嶋「俺に勝ってから言って欲しいね。あいつはまだまだ、このままやっても負けないね。」
ーなるほど、最後に後楽園に向けて一言お願いします。
十嶋「一時期TAKAとは組んでたし、別に問題はないね。連携うんぬんはないけど、俺は誰とでも組んでいけるから、各々が自分らしさを出せばいいんじゃない。
あっちは組んで結構経つから連携とかも完璧に来ると思うからその辺を注意したら今のKAZMAには負けねーよ。」

ー有難うございました。

今日は、特に落ち着いていた十嶋選手。
余裕なのか、はたまた余裕の無さを隠しているのか。
後楽園ホール益々楽しみになってきました。

6ff18778.jpg一方、TAKU選手とのシングルで敗れた小幡選手は、呆然としていた。
終始試合を制してただけに納得してないはず。
そんな小幡選手に話を聞いてみた。
小幡「…納得出来ない。シングルで負けたのは悔しい。甘く見てたのかも知れない。
でも、これで終わりじゃない、この借りは必ず返す。」

と語った小幡選手。
普段喋らない小幡選手がここまで喋ると言うのはよほど悔しかったのだろう。
次の機会があれば是非この借りを返して下さい。

08bf3a5b.jpg小幡選手とのライバル対決で勝利したTAKU選手。
勝ったのに顔色は優れない。
そんなTAKU選手はインタビュースペースで淡々と語り始めた。
TAKU「勝つには勝ったけど、内容では小幡の方が良かった。終始小幡のペースでやられた!って感じだった。自分のペースが全然掴めなかった。今日の結果に満足してない。何回でもやってやる。くそーっ!」
と言ってインタビュースペースを出て行ったTAKU選手。
二人のライバルストリーはまだまだ続く。

8e0e070c.jpg2ヶ月ぶりにあの男が帰ってきた。
青い目のKAIENTAI DOJO生
クワイエット・ストーム。

このページのトップヘ