KAIENTAI DOJO情報ブログ

プロレス団体 KAIENTAI DOJOの最新情報をお知らせします。公式サイトはwww.k-dojo.co.jp

b1c4d2f1.jpgコメントブースにやってきたNewStandard。
真霜選手の姿は当然ない。
稲松選手は「とにかく、新宿では俺達の力を見せて真霜に認めさせよう」さらに、「纏まらないと勝てない!纏まれば必ず勝てる!」
と力強く言い放った。
新宿は一つになれるのか。
ここを乗り切れればきっとJOE政権を崩せるはず。
新宿は一つに纏まったNewStandardを見せて欲しいものです。

e7a89149.jpgコメントブースにやってきたバジリスクは余裕の表情。
「あのメンバーにバジリスクが負けるわけがない、ユニットとして中途半端な奴らに真霜が入っても勝てない。」とバッサリ切り捨てる。

真霜と組んでバジリスクの2人に勝った稲松。
「今度は、火野と山縣を入れて、バジリスクのフルメンバーを倒そうぜ」
と真霜にアピール、あくまでもNewStandardを強調。さらに
「そのために力を貸してくれ。」とアピールするも真霜は冷ややかに言い放った
「勘違いするな、俺にニュースタは関係ない(続けようとしたところにJOEのテーマが鳴り響く)」そして、JOE登場。
暫くリング上で睨み合う二人。
Mr.Xが真霜に「そのメンバーでバジリスクには勝てない」と挑発。
再び睨み合うJOEと真霜。あざ笑うかの様に引き上げるバジリスク。
稲松が火野に対し「俺達も纏まらないと勝てない!」
とリング上に居ない火野をリングに上げる。すると真霜は
「取りあえず組むが、足を引っ張るな」と言い捨ててリングを後にする。
リングに残ったNewStandardのメンバー達。
火野が「あいつとは合わない」といえば、稲松は「カードは決まってる、試合で俺達の力を見せてやろ」と言うが火野は聞く耳を持たない。
険悪な空気が流れるリング上。
最後はどうにか、いつものコールで締めたが明らかに噛み合ってない。
このまま新宿で力を見せ付ける事が出来るのだろうか。
新宿要注目です。

81d7dad8.jpg柏、MIYAWAKI vs SUPER-X、山縣は、序盤で山縣選手が捕まるシーンがあったが、柏選手をボディスラムで投げたのは圧巻であった。
試合は、最後は柏選手が山縣選手を仕留めて終わったが、新宿で試合の組まれていない柏組が難癖つける。
MIYAWAKI「試合に負けた山縣が試合あるのに、何で俺達が試合ないんだ!キングは新宿で試合がしたいんだ!」
とアピール。すると話はSUPER-Xに飛び火。
MIYAWAKI「SUPER-Xお前またニラとシングルだろ?いい加減飽きただろ?そこでだ、お前とニラがタッグ組んで、俺とキングでタッグマッチはどうだ?」
SUPER「俺はニラでいい。」
と柏組の話をあっさり拒否。
すると、それなら考えがあると言ってSUPER選手のマスクを剥ぎにかかる。
そこに、雷斗選手登場。
雷斗「マスクマンの命でもあるマスクに手を掛けるとはゆるさん!」
といい二人に立ち向かい蹴散らす。再びマイクを持ち
「昔、困った時は助けるって言っただろ!水臭いじゃないか。」
と言うと何処からかニラ選手が登場して、訳の分からないうちに柏、MIYAWAKI、石坂 vs SUPER-X、雷斗、ニラが決まる、これには柏組も納得して新宿のカードが決定してしまった。
最後、柏組がいつものセリフで締めようと思った瞬間一人の男がマイクを持った。
SUPER-X選手である。
柏選手の決め台詞を「頭を使ったレスリングを見せてやる」と横取り。
してやったりのSUPER-X選手でした。

1ef280d2.jpg第3試合は雷斗vs石坂。
序盤は、らしからぬテクニカルな攻防を展開。
しかし、雷斗選手のお前はケツ出してればいいんだ!
の一言から一転、石坂選手は半ケツ状態に。
そのまま、客席に半ケツのままなだれ込んで行く。
だが、最後は雷斗選手の鮮やかなテクニックで勝利。
かくして、今日も千葉の平和は守られたのであった。
おしまい。

試合後の石坂選手に話を聞こうと思ったが、治療の最中でした。のでコメントは頂けませんでしたが、お尻を激写しました。
試合後の石坂選手のお尻には雷斗選手の竹刀攻撃の痕がくっきり!

このページのトップヘ