KAIENTAI DOJO情報ブログ

プロレス団体 KAIENTAI DOJOの最新情報をお知らせします。公式サイトはwww.k-dojo.co.jp

1ef280d2.jpg第3試合は雷斗vs石坂。
序盤は、らしからぬテクニカルな攻防を展開。
しかし、雷斗選手のお前はケツ出してればいいんだ!
の一言から一転、石坂選手は半ケツ状態に。
そのまま、客席に半ケツのままなだれ込んで行く。
だが、最後は雷斗選手の鮮やかなテクニックで勝利。
かくして、今日も千葉の平和は守られたのであった。
おしまい。

試合後の石坂選手に話を聞こうと思ったが、治療の最中でした。のでコメントは頂けませんでしたが、お尻を激写しました。
試合後の石坂選手のお尻には雷斗選手の竹刀攻撃の痕がくっきり!

38f94d30.jpg第2試合は火野裕士 vs DJニラという異色なカード。
試合内容はニラ選手から来たお客様が分かればいいというのであえて内容は書きません。そのかわりお話を聞く事が出来た。
ー今日の試合はいかがでしたか。
ニラ「火野というアスリートのポテンシャルを封じ込める幻惑殺方を見たか。要はだ、去年S-KのRAVEブロックの頂に居た男も所詮DJニラからしてみればベイビー、コインロッカーベイビー。出生の秘密はコインロッカーベイビーだと言う事だ。」
全く訳が分からないニラ選手の言動。
しかし、その姿は崇高でさえあった。
全く、謎多き人物である。
ニラ選手からすれば試合に負けて勝負に勝つという事なのでしょうか。
ニラ選手は誇り高きエンターテナーだなとインタビュー後思った。

1b682b9f.jpg
第一試合にJOE選手が登場して梶選手とシングルマッチ。
これにはお客さんもびっくり。
梶選手にとってはラッキーだったのかも、チャンピオンとシングルする機会なんて新人選手には滅多にあるもんじゃないので。
試合はハンサムのワンマンショーという感じは否めなかったが、いい経験になったのではないでしょうか。そんな梶選手に聞いてみた。
梶「…全然駄目です。せっかくのチャンスだったんですが、もっともっと頑張ります。」
これから色々ま選手との試合が待ってます。1試合、1試合頑張って下さい。

bbefe778.jpg
先週勤王党に入りたいと志願した、小幡選手。その気持ちが本物なのか確かめるとKAZMA選手の方からシングルを要求して決定したKAZMA vs 小幡のシングル。
果たして結果は。
試合は、KAZMA選手の激しい攻撃に耐える小幡選手。やられても、やられても立ち上がる姿は見ている者にも気迫が伝わってきた。
最後は負けてしまったが、KAZMA選手にも気持ちが伝わったのでしょう、小幡選手の勤王党入りが認められた。その二人に試合後話を聞いた。
小幡「まだまだ力の差を感じた。とにかく上を目指してもっともっと頑張る。」
と、いえば一方のKAZMA選手は。
ーいかがでしたか今日の小幡選手は。
KAZMA「気持ちは伝わった、でもまだまだ出せると思うし、出して欲しい。」
ー小幡選手に期待するところは。
KAZMA「今までの勤王党にないタイプだよね、あいつの持ち味のスピードとバネを活かした、機動力のある試合に期待したいね。」
今後の勤王党に期待したい。
これからどんな勤王党になるのか楽しみです。

b50605b9.jpg
バンビ試練の5番勝負の第4戦の筑前戦。
前回お話を聞いた時に何か考えると言っていたバンビ選手。
考えたのが、筑前選手には場外カウントは3カウント、フォールは2カウント、さらにロープエスケープなしとの無茶苦茶な条件を出すバンビ。
当然、筑前選手は拒否、すると今度は言葉で挑発、これに怒った筑前選手はこのルールをのんでしまう。まさに策士バンビである。
試合はあの手この手を使ったが結局負け。
色々考えたんですが筑前選手の壁は高かったようですね。
試合後に、味方コミッショナーから5番勝負最後の相手がTAKA選手と発表されたところで大石選手が登場。
強引に最終戦を大石選手にしてしまった。
相手のバンビ戦湯はどう思ったのか、バンビ選手に話を聞いてみた。
ー5番勝負最終戦TAKA選手から大石選手には代わりましたが。
バンビ「GETのエースって言うんだからそれなりの自覚があるということなんで、それならTAKAじゃなくていいかなって思いました。」
ーなるほど。
「GETのエースって事はこれに勝ったら私がエース?」
次は何を考えるのか?

このページのトップヘ