味方コミッショナーのインフォメーションコーナーでの事。
次期UWAミドル挑戦者に旭選手が決まろうとしたその時、アップル選手が登場。
アップル「YOSHIYA君が居なくても一人で出来るとアピールするには、確実な結果が欲しい、だから挑戦権を譲ってほしい。」
とアピールするアップル選手。
旭「イヤラシイ話だが、ベルトを巻いた姿で博多に凱旋したいので無理です。」
とこれを拒否。
アップル「ベルト巻いてより、博多でタイトルマッチやって巻いた方がカッコいいんじゃないの。」
とアップル選手が言うと。
旭「(暫し考え)分かった。」
とこれを快諾、譲って退場していった。
二人ともチャンピオンはPSYCHO選手なんですけど。
味方「旭選手の挑戦権は認めるが、アップル選手のは認めない。あなたに挑戦にふさわしいとは判断しかねるので、新宿でPSYCHO選手絡みの試合を組みますのでそこで
見極めさせていただきます。」
とアップルの挑戦権をうやむやに。
アップル選手の次じゃ遅いと言うのにはこの事が隠されていたんですね。
確かに、思っていても勝たなくてはアピールも聞いてもらえない、だから次じゃ駄目だとあれだけ言ってたんですね。
次の新宿で納得させて是非挑戦権を取って下さい。