◎ブログ企画:注目カードに向けた選手コメント
【CHAMPION OF STRONGEST-K次期挑戦者決定トーナメント 1回戦】

3.5(日)千葉・BlueField / CLUB-K 3000

★CHAMPION OF STRONGEST-K次期挑戦者決定トーナメント 1回戦
TAKAみちのく vs 梶トマト
5TAKAvsトマト

2.26TKPガーデンシティ千葉大会でのメインイベントST-K王座戦の直後、リングに現れ、王者真霜拳號への挑戦を表明したTAKAみちのく、梶トマト、吉野コータロー、吉田綾斗の4選手。
ST-K挑戦者jpg

KAIENTAI DOJOのベルトからはやや遠ざかっている印象のTAKAみちのくだが、ST-Kタッグのベルトは2015年にMEN'Sテイオーとのチームで巻いてはいる。ただし、それがシングルのST-K王座となると2009年4月に戴冠し、同年10月に失ってからは約8年も手にできていない。

対する梶トマトは昨年7月に凶月・タンク永井を破り、悲願のST-K王者に輝くが、その翌月の初防衛戦にて凶月・真霜拳號に敵討ちに遭う形でベルトを失っている。近年のトマトの実力やプロレスセンスは誰しもが認めるところだけに、そろそろ結果にこだわる闘いに期待が集まる。
トマトvs真霜

この二人が次期挑戦権に一歩近づくために、今週日曜の千葉・BlueFieldにて一騎討ちに臨む!両者のST-K王座への想い、勝負への意気込みコメントを掲載いたしました。

★TAKAみちのく
「STRONGEST-Kのベルトに関しては一歩引いて見ていた。もう俺が出る幕じゃないな、と。しかし、真霜と滝澤の激闘を目の当たりにしてレスラーの血が騒ぎ、気がついたらリングに上がっていた。

トマト、吉野、吉田が挑戦アピールしていたが、あの3人じゃ今の真霜には勝てない。確かにみんな若くてノリノリの選手だけど、若さと勢いだけで倒せる相手ではない。

レスラーなって25年、KAIENTAI DOJOをつくって15年。TAKAみちのくの全てをかけて、もう一度頂点に返り咲く。

まずは3月5日にトマト!そして吉田か吉野?どっちが来ても3月18日のビッグショーで、全力で叩き潰すのみ。そして、4月の後楽園ホールでチャンピオンになりKAIENTAI DOJOの選手全員とシングルで戦いたい。

プロレスとは何か?
チャンピオンとは?
KAIENTAI DOJOとは?

その答えを、闘うことでみんなに伝えたい。」
TAKAみちのく

★梶トマト
「TKP千葉で真霜が防衛して、またあのベルトを巻きたいと思い、挑戦表明しました。

挑戦者決定トーナメント 1回戦はTAKAみちのく。代表とのシングルマッチは4年ぶりぐらい。今から楽しみで仕方ない!

ST-Kのベルトを巻いていたのはわずか3週間…またあのベルトを僕の腰に巻きたい!僕の思い描くチャンピオン像は、誰にもマネ出来ないようなハイテンションで明るいチャンピオンだ!

そう!ハイテンション☆トマトは‘トマ’らない!」
トマトST-K戴冠


3月5日(日)14:00開始
CLUB-K 3000〔千葉・BlueField〕大会詳細
http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170305k-3000/(K-DOJO公式サイト大会ページ)