KAIENTAI DOJO情報ブログ

プロレス団体 KAIENTAI DOJOの最新情報をお知らせします。公式サイトはwww.k-dojo.co.jp

カテゴリ : 試合結果速報

本日の2大会目・若手主体興行 K-BLOOMの試合結果はコチラです!

【日程】2017年3月12日(日)
【開始】17:30
【会場】千葉・Blue Field
【大会名】K-BLOOM
【観衆】31人

第1試合[シングルマッチ 20分1本勝負] 
○吉田綾斗 vs ●マリーンズマスク
(11分10秒 チキンウイングフェイスロック→ギブアップ)

第2試合[3WAYマッチ 20分1本勝負]
○本田アユム vs 吉野コータロー vs ●マリク
(8分07秒 飛びつき腕ひしぎ逆十字→ギブアップ)

第3試合[タッグマッチ 30分1本勝負]
○遊馬&ダイナソー拓真 vs 最上九&●ERINA
(14分58秒 ファイナルカット→体固め)

第4試合[シングルマッチ 30分1本勝負]
○GO浅川 vs ●洞口義浩
(11分04秒 ブリザードスープレックスホールド)

本日の1大会目、CLUB-K3000の試合結果はこちらです!

【日程】2017年3月12日(日)
【開始】14:00
【会場】千葉・Blue Field
【大会名】CLUB-K 3000
【観衆】59人

第1試合[タッグマッチ 20分1本勝負]
最上九&○GO浅川 vs リッキー・フジ&●マリク
(9分31秒 ブリザードスープレックスホールド)

第2試合[6人タッグマッチ 20分1本勝負]
○梶トマト&遊馬&バンビ vs 柏大五郎&●マリーンズマスク&ERINA
(10分39秒 スパイダーロック→ギブアップ)

第3試合[UWA世界ミドル級 前哨戦 タッグマッチ 30分1本勝負]
○本田アユム&十嶋くにお vs 旭志織&●冨永真一郎(CWP)
(11分23秒 丸め込み)

第4試合[タッグマッチ 30分1本勝負]
○真霜拳號&タンク永井 vs 滝澤大志&●洞口義浩
(12分00秒 無道→ギブアップ)

第5試合[STRONGEST-K TAG前哨戦 シングルマッチ 30分1本勝負]
○ダイナソー拓真 vs ●佐藤悠己
(9分18秒 ダイナソーボム→体固め)

第6試合[CHAMPION OF STRONGEST-K次期挑戦者決定トーナメント 1回戦 シングルマッチ 時間無制限1本勝負]
○吉田綾斗 vs ●吉野コータロー
(11分48秒 バスソーキック→片エビ固め)
※以上の結果、吉田綾斗が3月18日(土)CLUB-K SUPER in Blue Fieldで行われる「CHAMPION OF STRONGEST-K次期挑戦者決定トーナメント 決勝戦」に進み、TAKAみちのくと対戦することが決定。

吉田綾斗選手コメント
これでひとつ壁を越えることができました。来週の決勝戦での代表(TAKAみちのく)戦でも勝ってみせます!いつまでもこのKAIENTAI DOJOのメインイベントがTAKAみちのくvs真霜拳號じゃダメだと思うので、自分が絶対に新しい時代をつくってみせます。

本日の試合結果はコチラです!

【日程】2017年3月5日(日)
【開始】14:00
【会場】千葉・Blue Field
【大会名】CLUB-K 3000
【観衆】50人

第1試合[6人タッグマッチ 20分1本勝負] 
○最上九&マリク&ERINA vs 柏大五郎&●マリーンズマスク&バンビ
(12分50秒 羽根折り固め→ギブアップ)

第2試合[シングルマッチ 20分1本勝負]
○真霜拳號 vs ●遊馬
(7分42秒 真剣→体固め)

第3試合[タッグマッチ 20分1本勝負]
滝澤大志&○吉野コータロー vs リッキー・フジ&●ワンマンクルー
(13分15秒 空中胴締め落とし)

第4試合[STRONGEST-K TAG前哨戦 6人タッグマッチ 30分1本勝負]
○吉田綾斗&GO浅川&ダイナソー拓真 vs タンク永井&本田アユム&●十嶋くにお
(15分00秒 チキンウイングフェイスロック→ギブアップ)

第5試合[CHAMPION OF STRONGEST-K次期挑戦者決定トーナメント 1回戦 シングルマッチ 時間無制限1本勝負]
○TAKAみちのく vs ●梶トマト
(25分00秒 ディックキラー→ギブアップ)

※以上の結果、TAKAみちのくが3月18日(土)CLUB-K SUPER in Blue Fieldで行われる「CHAMPION OF STRONGEST-K次期挑戦者決定トーナメント 決勝戦」に進み、〔3月12日(日)CLUB-K 3000での吉野コータローvs吉田綾斗〕の勝者と対戦する。

本日の試合結果はコチラです!

【日程】2017年2月26日(日)
【開始】13:00
【会場】千葉・TKPガーデンシティ千葉
【大会名】CLUB-K SUPER in TKPガーデンシティ千葉
【観衆】355人(満員)

第1試合[6人タッグマッチ 20分1本勝負] 
○吉野コータロー&洞口義浩&ERINA vs リッキー・フジ&●マリク&バンビ
(10分40秒 B.G.トルネード→エビ固め)

第2試合[タッグマッチ 20分1本勝負]
○本田アユム&十嶋くにお vs ティーラン獅沙&●マリーンズマスク
(3分05秒 腕ひしぎ裏十字固め→ギブアップ)

第3試合[タッグマッチ 20分1本勝負]
○GO浅川&ダイナソー拓真 vs TAKAみちのく&●柏大五郎
(9分26秒 ブリザードスープレックスホールド)

第4試合[H2(ハッピー&ハイテンション)対 BADBOY タッグマッチ 30分1本勝負]
○梶トマト&遊馬 vs フジタ“Jr”ハヤト(みちのくプロレス)&●拳剛(フリー)
(12分55秒 スピード)

第5試合[インディペンデント・ワールド・世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負]
《王者》○旭志織 vs 《挑戦者》●SUSHI(フリー)
(15分31秒 モダンタイムス)
※以上の結果、第23代王者 旭志織が11度目の防衛に成功。

第6試合[STRONGEST-K TAG選手権試合 60分1本勝負]
《挑戦者》○タンク永井&佐藤悠己 vs 《王者》吉田綾斗&●最上九
(15分03秒 ダイビングセントーン→体固め)
※以上の結果、第32代王者 吉田&最上組が2度目の防衛に失敗。タンク&佐藤組が第33代王者となる。

第7試合[CHAMPION OF STRONGEST-K選手権試合 60分1本勝負]
《王者》○真霜拳號 vs 《挑戦者》●滝澤大志
(31分12秒 真剣→体固め)
※以上の結果、第22代王者 真霜拳號が4度目の防衛に成功。

ビッグショーTKP千葉大会直前!3つのタイトルマッチ前哨戦が行われた本日の2大会目CLUB-K 3000の試合結果はコチラです!

【日程】2017年2月19日(日)
【開始】15:30
【会場】千葉・Blue Field
【大会名】CLUB-K 3000
【観衆】61人

第1試合[タッグマッチ 20分1本勝負]
TAKAみちのく&○柏大五郎 vs リッキー・フジ&●マリク
(9分56秒 まっぷたつ→ギブアップ)

第2試合[シングルマッチ 15分1本勝負]
○バンビ vs ●ERINA
(7分09秒 シャイニング・ウィザード→体固め)

第3試合[シングルマッチ 20分1本勝負]
○ダイナソー拓真 vs ●十嶋くにお
(7分32秒 体固め)

第4試合[インディペンデント・ワールド・世界ジュニアヘビー級前哨戦 6人タッグマッチ 30分1本勝負]
○SUSHI](フリー)&GO浅川&マリーンズマスク vs 旭志織&梶トマト&●遊馬
(14分07秒 カツオの一本釣り→エビ固め)

第5試合[STRONGEST-K TAG前哨戦 シングルマッチ 30分1本勝負]
○吉田綾斗 vs ●佐藤悠己
(14分23秒 十嶋くにおの乱入により佐藤の反則負け)

第6試合[CHAMPION OF STRONGEST-K前哨戦 6人タッグマッチ 30分1本勝負]
○真霜拳號&タンク永井&本田アユム vs 滝澤大志&●吉野コータロー&洞口義浩
(19分45秒 無道→ギブアップ)

本日の1大会目・若手主体興行「K-BLOOM」の試合結果はコチラです!

【日程】2017年2月19日(日)
【開始】13:00
【会場】千葉・Blue Field
【大会名】K-BLOOM
【観衆】37人

第1試合[3WAYマッチ 20分1本勝負] 
○ダイナソー拓真 vs 遊馬 vs ●マリク
(4分52秒 ダイナソードロップ→片エビ固め)

第2試合[シングルマッチ 20分1本勝負]
※ERINA選手の要望により、試合開始から3カウントルール、開始から5分経過後は1カウントルール。ギブアップなし、場外カウントなし。本田選手は関節技の使用禁止。ERINAは公認凶器としてバンビ様の使用が可能。以上の特別ルールハンディキャップマッチに変更。
○本田アユム vs ●ERINA
(3分30秒 丸め込み)

第3試合[シングルマッチ 30分1本勝負]
○洞口義浩 vs ●瀧澤晃頼(ASUKA PROJECT)
(11分18秒 胴締めドラゴンスリーパーホールド→ギブアップ)

第4試合[タッグマッチ 30分1本勝負]
吉野コータロー&○GO浅川 vs 吉田綾斗&●マリーンズマスク
(10分21秒 ストレッチプラム→ギブアップ)

本日の試合結果はコチラです!

【日程】2017年2月11日(土・祝)
【開始】18:00
【会場】千葉・Blue Field
【大会名】CLUB-K 3000
【観衆】46人

第1試合[6人タッグマッチ 20分1本勝負] 
○梶トマト&遊馬&バンビ vs リッキー・フジ&マリク&●ERINA
(7分42秒 顔面ドロップキック→片エビ固め)

第2試合[3WAYマッチ 20分1本勝負]
○吉野コータロー vs 旭志織 vs ●十嶋くにお
(14分43秒 スクールボーイ)

第3試合[タッグマッチ 20分1本勝負]
吉田綾斗&○ダイナソー拓真 vs 柏大五郎&●マリーンズマスク
(12分00秒 スケアリーロック→ギブアップ)

第4試合[シングルマッチ 30分1本勝負]
○政宗(フリー) vs ●GO浅川
(11分11秒 雷切→片エビ固め)

第5試合[CHAMPION OF STRONGEST-K前哨戦 タッグマッチ 30分1本勝負]
真霜拳號&○本田アユム vs 滝澤大志&●洞口義浩
(12分09秒 飛びつき腕ひしぎ逆十字固め→ギブアップ)

第6試合[STRONGEST-K TAG前哨戦 シングルマッチ 30分1本勝負]
○タンク永井 vs ●最上九
(15分34秒 ダイビングセントーン→体固め)

多くの仲間に愛され、本日全力を出し尽くして10カウントゴングを聞いたKAIENTAI DOJO漢の中の漢、稲松三郎。本日行われた稲松三郎引退興行の試合結果を掲載いたしました!

【日程】2017年2月5日(日)
【開始】14:00
【会場】千葉・Blue Field
【大会名】稲松三郎引退興行 最初で最後の三郎祭り
【観衆】192人+立ち見(超満員札止め)

第1試合[6人タッグマッチ 20分1本勝負] 
タンク永井&佐藤悠己&○本田アユム vs 梶トマト&関根龍一(プロレスリングBASARA)&●リッキー・フジ
(7分33秒 腕ひしぎ逆十字固め→ギブアップ)

第2試合[シングルマッチ 20分1本勝負]
○DJニラ(フリー) vs ●真霜拳號
(14分04秒 レフェリー暴行により真霜の反則負け)

第3試合[タッグマッチ 30分1本勝負]
旭志織&○大石真翔(DDT) vs ●十嶋くにお&PSYCHO(フリー)
(14分43秒 サボテンの花)

第4試合[6人タッグマッチ 30分1本勝負]
Hi69(フリー)&○ヤス・ウラノ(DDT)&柏大五郎 vs 吉田綾斗&最上九&●GO浅川
(16分17秒 逆さ押さえ込み)

第5試合[稲松三郎引退試合 シングルマッチ 時間無制限1本勝負]
○火野裕士(フリー) vs ●稲松三郎
(19分28秒 世界一のジャーマンスープレックスホールド)
稲松10カウントゴング

本日の試合結果はコチラです!

【日程】2017年2月4日(土)
【開始】18:30
【会場】千葉・Blue Field
【大会名】CLUB-K 3000
【観衆】70人

第1試合[6人タッグマッチ 20分1本勝負] 
旭志織&○遊馬&バンビ vs リッキー・フジ&●マリーンズマスク&ERINA
(11分08秒 ファイナルカット→体固め)

第2試合[シングルマッチ 20分1本勝負]
○マリク vs ●柏大五郎
(7分42秒 マネーメーカー・ニー→エビ固め)

第3試合[タッグマッチ 20分1本勝負]
梶トマト&○冨永真一郎(CWP) vs 本田アユム&●十嶋くにお
(6分49秒 フランケンシュタイナー)
★試合後、冨永が本田の持つUWA世界ミドル級のベルトに挑戦表明をした。

第4試合[タッグマッチ 30分1本勝負]
○吉野コータロー&洞口義浩 vs GO浅川&●ダイナソー拓真
(9分25秒 吉野スプラッシュ→片エビ固め)

第5試合[CHAMPION OF STRONGEST-K & STRONGEST-K TAGダブル前哨戦 6人タッグマッチ 30分1本勝負]
真霜拳號&タンク永井&○佐藤悠己 vs 滝澤大志&吉田綾斗&●最上九
(16分09秒 ミラクル・ロッドからの片エビ固め)

第6試合[三郎祭り前夜祭!36(サブロー)式時間差バトルロイヤル]
※稲松三郎のほか、今大会出場全選手が36秒毎に次々と登場。3カウント、ギブアアプ、OTR(オーバーザトップロープ)のほか、入場時に36秒以内にリングインできなかった場合も失格となる。
○ダイナソー拓真 vs ●稲松三郎
(16分36秒 OTR)
※退場順
1.洞口
2.浅川
3.旭
4.ERINA
5.リッキー
6.吉野
7.滝澤
8.十嶋
9.真霜
10.バンビ
11.遊馬
12.マリク
13.タンク
14.最上
15.マリーンズマスク
16.佐藤
17.吉田
18.冨永
19.梶
20.本田
21.柏
22.稲松
※以上の結果、ダイナソー拓真がバトルロイヤル優勝。

BO-SOゴールデンタッグ2017優勝決定戦開催!さらに次回ビッグショー2.26(日)TKP千葉へ一気に動き出した本日の試合結果はコチラです!

【日程】2017年1月29日(日)
【開始】14:00
【会場】千葉・Blue Field
【大会名】CLUB-K SUPER in Blue Field 〜BO-SOゴールデンタッグリーグ2017 優勝決定戦〜
【観衆】103人

第1試合[6人タッグマッチ 20分1本勝負] 
旭志織&遊馬&○テイラー・アダムス vs 柏大五郎&GO浅川&●マリーンズマスク
(14分02秒 フィギュアフォー・レッグロック→ギブアップ)

★寸評:12月からニュージーランドより留学参戦してきたテイラー・アダムスの帰国前ラストマッチ。最後はテイラーがマリーンズマスクから足4の字固めでギブアップを奪った。試合後、1月31日付での全日本プロレス退団を発表しているSUSHIが現れ、旭志織の持つインディJr.王座への挑戦を要求。旭はこれに応え、2月26日(日)TKPガーデンシティ千葉大会でのタイトルマッチが決定した。

★SUSHIコメント「てやんでぃ!旭選手が持つインディJr.への挑戦、受けていただきありがとうございます。2月26日のTKP千葉でそのベルト挑戦させていただきます。僕もしっかりとワサビをきかせたSUSHIで行かせていただきます!そしてフリーとしてやって行くに当たって、そのベルトを堂々たる通行手形として有効活用させていただきます!てやんでぃ!」

★旭志織コメント「SUSHI選手は全日本プロレスを今月末に退団することが決まっていて、フリーになってからの彼にとって重要な1発目の行動としてインディJr.を狙ってきたということは、僕としては素直に嬉しいことです。僕はSUSHI選手はよく知らないんですけど、彼の本体とというか…シャリの部分?それを僕は良く知っていて、10数年振りの対戦になるのかな?このベルトのチャレンジャーとして相応しいと思います。その相応しい相手に、タイトルマッチとして相応しい試合内容で応えたいと思います。」

第2試合[シングルマッチ 15分1本勝負]
○バンビ vs ●ERINA
(7分37秒 スタンディング・シャイニング・ウィザード→エビ固め)

第3試合[タッグマッチ 20分1本勝負]
○滝澤大志&洞口義浩 vs タンク永井&●十嶋くにお
(9分42秒 高飛車→エビ固め)

第4試合[シングルマッチ 30分1本勝負]
○梶トマト vs ●冨永真一郎(CWP)
(11分48秒 レッドアイ)

第5試合[勝者が敗者の髪型を好きにプロデュースできる3WAYマッチ 30分1本勝負]
○佐藤悠己 vs ダイナソー拓真 vs ●吉野コータロー
(8分49秒 スモールパッケージホールド)
※以上の結果、勝者 佐藤悠己が敗者 吉野コータローの髪型を好きにプロデュースできる。

★佐藤悠己コメント「おぅ、残念だったなぁ吉野!タンクは髪は守れたぞ!来週のCLUB-K 3000ではアフロになる予定の吉野をお前ら楽しみにしとけよ!おら行くぞ吉野!」
★吉野コータローコメント「やだーーーーー!(連れ去られる)」

第6試合[稲松三郎引退ロード 第9弾 & ROAD TO 25th Anniversary TAKAみちのく25周年への道 第5弾 シングルマッチ 30分1本勝負]
○TAKAみちのく vs ●稲松三郎
(16分36秒 みちのくドライバーII→片エビ固め)

★稲松三郎コメント「最後の代表(TAKAみちのく)との一騎討ちでしたけど、自分が13年前に入門した時、TAKAみちのくは神のような存在で…。で、今こうして戦って衰えるどころかもうバリバリでしたよ、TAKAみちのく。自分は代表の下で、KAIENTAI DOJOで約13年プロレスやってこれて本当に良かったです。代表!代表!今日はありがとうございました!」

★TAKAみちのくコメント「稲松、こんなに良い試合ができるのにやめるっていうお前の決断。もったいないと思うけど、お前が決めたことだからな。確かに一番いい時に現役を辞めるっていう決断もお前らしくていいよ。今日の頭突きの痛み、この前の電流爆破の腕の傷、生涯忘れないよ。この13年間、TAKAみちのくに、KAIENTAI DOJOについてきてくれてありがとう。」

第7試合[BO-SOゴールデンタッグリーグ2017 優勝決定戦 時間無制限1本勝負]
○吉田綾斗&最上九 vs ●真霜拳號&本田アユム
(25分37秒 バックドロップ→エビ固め)
※以上の結果、吉田綾斗&最上九組がBO-SOゴールデンタッグリーグ2017優勝。優勝盾が授与される。

★試合後、タンク永井と佐藤悠己が吉田&最上の持つST-Kタッグのベルトへの挑戦を表明。これを王者組が受諾し、2月26日(日)TKPガーデンシティ千葉大会でのタイトルマッチが決定した。

★吉田綾斗コメント「タッグチャンピオンとして出場したタッグリーグ。優勝という形で締めくくることができて良かったです。ただリーグ戦でただ一つ黒星をつけたタンク永井と佐藤悠己が次のタイトル戦の挑戦者ということで、次の2.26TKP千葉大会へ向けて一生懸命やるだけです。」

★最上九コメント「全勝優勝を目標にこのリーグ戦やってきたんですけど、1つ負けたこの悔しさは次のビッグショー2月26日は何倍にもして、タンクと佐藤に返したいと思います。」

★タンク永井コメント「目の前で真霜拳號がやられて、俺たちが黙ってるわけねぇだろ!次は俺と佐藤がお前らのベルト狙いに行くぞ…待ってろ!」

このページのトップヘ