KAIENTAI DOJO情報ブログ

プロレス団体 KAIENTAI DOJOの最新情報をお知らせします。公式サイトはwww.k-dojo.co.jp

カテゴリ : ブログ企画

◆ブログ企画:選手のプライベートに迫る
ダイナソー拓真 恐竜展に襲来 〜“あの頃”の思い出〜

現在、千葉・幕張メッセ国際展示場では『ギガ恐竜展2017 地球の絶対王者のなぞ』が開催されています(開催期間:2017年7月15日〜9月3日)。そこにプロレス界の恐竜、KAIENTAI DOJO所属 ダイナソー拓真が「昔の友達」に会うために来場しました。
ダイナソー恐竜展_12

会場では恐竜の誕生から生活、生態、化石の詳細等々がわかりやすくパネルや実物などで解説されています。ダイナソー拓真も懐かしむようにジックリとお勉強。
ダイナソー恐竜展_01
ダイナソー恐竜展_02
ダイナソー恐竜展_03

そして会場中央にはギガ恐竜展2017の目玉といえる、日本初公開の全長約38mのルヤンゴサウルスの化石(全身骨格の復元標本)が展示されています。ダイナソー拓真もさすがにこの大きさにはビックリ。
ダイナソー恐竜展_06
化石の各部が展示されていますが、やはり1つ1つが非常に巨大です。
ダイナソー恐竜展_13

一般的にも馴染みのあるトリケラトプスの化石および復元模型。下に小さく見えるのが子どもの頃。これがこんなにも大きくなるのです。あの大きい角と戦った当時をダイナソー拓真も思い出しているのでしょうか?
ダイナソー恐竜展_04
ダイナソー恐竜展_07

今までは草食恐竜でしたが今度は肉食恐竜のコーナー。やはり迫力や威圧感がもの凄い。ダイナソー拓真も萎縮気味?
ダイナソー恐竜展_08
ダイナソー恐竜展_05

そして有名なティラノサウルス。ダイナソー拓真もライバル恐竜に名前を挙げているだけあり、あの頃を思い出しつつ、解説文からティラノ先輩の弱点を探る。
ダイナソー恐竜展_09

ティラノ先輩とトリケラ君が一触即発!それを仲裁に入るダイナソー拓真!「ここは私の顔に免じて!なにとぞ穏便に!」勇気ある行動。しかし見ようによっては、両者にダイナソー拓真が食べられそうな状況にも見えます。
ダイナソー恐竜展_10

最後にダイナソー拓真はちゃんとお土産も買っていました。
ダイナソー恐竜展_11

最後にダイナソー拓真選手より
「ガオ!ガガオガオ!ウガ!(今回、ギガ恐竜展のほんの一部を写真で紹介したが、まだまだ恐竜の化石や日本初公開の物がたくさんあるザスルス!是非とも会場に行って、みなさんの目で恐竜たちを感じてほしいザスルス!)」

ギガ恐竜展2017公式サイトはコチラ!
http://giga2017.com/

【★ブログ企画:注目カード&選手コメント★】
7.16(日)TKPガーデンシティ千葉
:CHAMPION OF STRONGEST-K選手権試合

《王者》木高イサミ vs TAKAみちのく《挑戦者》
16TKP_ST-K

◆TAKAみちのく(挑戦者/K-DOJO)
「いまの人達はあまり知らないだろうけど、イサミはKAIENTAI DOJOの三期生だった。あの頃、まさかイサミがここまで大きくなるとは思わなかったなぁ。まさかKAIENTAI DOJOのチャンピオンになり、それに俺が挑戦する日が来るなんて。

なんの恨みも因縁もないがベルトをとられた以上黙ってはいられない。イサミはKAIENTAI DOJOを卒業するため云々言ってるが、それならばベルトを取り返して卒業証書をプレゼントしよう。」
kdojo0528TAKA&isami

▼K-DOJOこの夏最大のビッグショーTKP千葉大会!
7.16(日)13:00開始 CLUB-K SUPER in TKPガーデンシティ千葉
大会詳細:http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170716tkp/
20170716TKP千葉2

【★ブログ企画:注目カード&選手コメント★】
7.16(日)TKPガーデンシティ千葉
:STRONGEST-K TAG選手権試合

《王者》梶トマト&滝澤大志 vs 吉野コータロー&ダイナソー拓真《挑戦者》
0716TKPst-kTAG


【第34代STRONGEST-K TAG王者組 滝トマの防衛記録】
初防衛戦:2017年6月4日 CLUB-K TOUR in KYOTO 〜KAIENTAI DOJO15周年記念 京都大会〜
○梶トマト&滝澤大志 vs 真霜拳號&●タンク永井
(23分30秒 レッドアイ)

2度目の防衛戦:2017年6月25日 CLUB-K SUPER in Blue Field
○梶トマト&滝澤大志 vs ●旭志織&吉田綾斗
(25分31秒 レッドアイ)
滝トマ2度目の防衛

◆梶トマト(第34代ST-Kタッグ王者/RoS)
「TKPではST-K TAG三度目の防衛戦!相手は吉野&ダイナソー、ダイナストーンズ!(※注:正しくは「ダイノストーンズ」)

吉野&ダイナは確かに勢いはあるかもしれない、でも勢いだけじゃ勝てない!でも凄くイイタッグだと思う、だけど僕たち滝トマの方がもっとイイタッグ!負けるわけにはいかないでしょ!

何度も言ってるけど、誰がこようと負けない!それはどうしてだかわかる?それは俺達が最強で最高のタッグチーム!滝トマだからだー!」
kdojo0604kyoto梶トマト

◆滝澤大志(第34代ST-Kタッグ王者/RoS)
「今では見た目も心もすっかり原人になってしまいましたが、吉野のここぞの爆発力は元パートナーである自分が一番分かっているつもりなので、その爆発力に飲まれないように注意しないとちょっとヤバいですね。

あとは自分と離れてダイナソーという吉野よりキャリアの短いパートナーと組むことがどのように作用するか…立場が以前とガラッと変わったことで、吉野が見た目だけじゃなくレスラーとしてどのように成長したのかを肌で感じたいと思います!

もちろん最後に勝っているのは自分達でしょう!

なぜなら!俺達こそが!!滝トマだからだー!!!」
滝澤大志

▼K-DOJOこの夏最大のビッグショーTKP千葉大会!
7.16(日)13:00開始 CLUB-K SUPER in TKPガーデンシティ千葉
大会詳細:http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170716tkp/
20170716TKP千葉2

【★ブログ企画:注目カード&選手コメント★】
7.16(日)TKPガーデンシティ千葉
:STRONGEST-K TAG選手権試合

《王者》梶トマト&滝澤大志 vs 吉野コータロー&ダイナソー拓真《挑戦者》
0716TKPst-kTAG

4月23日KAIENTAI DOJO15周年記念大会での電撃的な原人&恐竜タッグ結成。その直後のGWSP7試練の七番勝負では、名だたる選手たちとの連戦。そしてタッグ名は「ダイノストーンズ」に決定し、本格的にタッグチームとして吉野コータロー&ダイナソー拓真は活動中である。

最近の試合では「ガオバババ」という新合体技で着々と勝利を詰め重ね始めており、「大一番に勝てるタッグ屋」というイメージを定着させたいところ。そのためにはST-Kタッグのベルトを奪取するのが最善の道であることは明らかだ。

今後に期待が集まるダイノストーンズの独占コメントです!
ダイノストーンズ

◆吉野コータロー(挑戦者・ダイノストーンズ)
「ウババ、ウバウンババ…ウンババ!(トマト、前哨戦、レッドアイ、強烈、ダメ、くらう、俺達、決める、合体技…ウンババ!)

ウバウバ、ウンババ…ウンババ!(滝澤、前、相棒、教わる、色々、全部、ぶつける、勝つ…ウンババ!)」

◆ダイナソー拓真(挑戦者・ダイノストーンズ)
「ザスルス!(タッグを結成してすぐにプロレス界で知名度も実力もグレートな人らと七番勝負して、『タッグ力』も『気持ち』も俺たちは上がってきてるんだぜぇぇえ!! 原人と恐竜は今ベルトに飢えてる…そのベルトが最も最も最も最も最も最も最も……似合うのはダイノストーンズだッーーー!! )」

▼K-DOJOこの夏最大のビッグショーTKP千葉!
7.16(日)13:00開始 CLUB-K SUPER in TKPガーデンシティ千葉
大会詳細:http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170716tkp/
K-DOJO20170716

【★ブログ企画:注目カード&選手コメント★】
7.16(日)TKPガーデンシティ千葉
:UWA世界ミドル級選手権試合

《王者》本田アユム vs 最上九《挑戦者》
0716TKPuwamid


【UWA世界ミドル級王者 本田アユムの防衛記録】
初防衛戦:2016年12月4日 CLUB-K in SHINKIBA
○本田アユム vs ●GO浅川
(11分12秒 飛びつき腕ひしぎ逆十字固め→ギブアップ)

2度目の防衛戦:2016年12月25日 K-SPECIAL
○本田アユム vs ●遊馬
(8分20秒 顔面ミサイルキック→体固め)

3度目の防衛戦:2017年3月20日 CLUB-K in KITASENJU
○本田アユム vs ●冨永真一郎(CWP)
(14分24秒 腕ひしぎ逆十字固め→ギブアップ)

4度目の防衛戦:2017年4月23日 KAIENTAI DOJO 15周年記念大会 CLUB-K SUPER evolution15
○本田アユム vs ●洞口義浩
(7分23秒 飛びつき腕ひしぎ逆十字固め→ギブアップ)

5度目の防衛戦2017年7月16日 CLUB-K SUPER in TKPガーデンシティ千葉
《王者》本田アユム vs 《挑戦者》最上九
★5度目の防衛戦の結果は如何に?!
本田アユムUWAミドル

◆本田アユム
「特に喋りたいことはないのですが...最上は、あの代の中では一番底がみえないタイプ。何かをいつも隠してるみたいな。

まぁタイトルを落としそうな気もしないので、意気込みとかはないです。
最上がどんなもんか、見られたらと思います。」
本田アユム入場UWAミドル

▼K-DOJOこの夏最大のビッグショーTKP千葉!
7.16(日)13:00開始 CLUB-K SUPER in TKPガーデンシティ千葉
大会詳細:http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170716tkp/
K-DOJO20170716

【★ブログ企画:注目カード&選手コメント★】
7.16(日)TKPガーデンシティ千葉
:UWA世界ミドル級選手権試合

《王者》本田アユム vs 最上九《挑戦者》
0716TKPuwamid

◆最上九
「やっと掴み取ったチャンス。UWA世界ミドル級挑戦というチャンス。

思えば今まで常にユニットに所属していた。BOZZ連合、NEX4、そして今はレスラー人生で初めてのどのユニットにも属さずに1人で闘っている。

元NEX4の吉田は旭さんや柏さんと、ダイナソーはダイノストーンズ、浅川はRoSとみんな新しい道に進んでいる。その点、俺は何も決めずに1人だ。ユニットに属するメリットもあれば、1人で闘うメリットもある。色々なメリット・デメリットを天秤にかけて考えていかなければ。

UWAのベルトを奪取出来れば、また新しい景色が見えるはずだ。その景色が見えたら、どう動くかも決めていけるのかな。

とりあえず!7/16のTKPガーデンシティ千葉大会では、必ず本田アユムの持つUWA世界ミドル級のベルトを引っぺがして俺が王者になってみせる!見とけよー!」

▼K-DOJOこの夏最大のビッグショーTKP千葉!
7.16(日)13:00開始 CLUB-K SUPER in TKPガーデンシティ千葉
大会詳細:http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170716tkp/
K-DOJO20170716

【★ブログ企画:この選手・チームに注目★】
●相棒と呼ぶ吉田綾斗と、その相棒とタッグパートナーになった旭志織とのタッグを応援する「柏大五郎」

STRONGEST-Kタッグへのタイトル挑戦を表明した柏大五郎、旭志織、吉田綾斗の3選手。しかし、当然ながらタッグタイトルへの挑戦は2名で行うもの。吉田と挑戦したい柏、柏と挑戦したい旭、旭と挑戦したい吉田。この三角関係を打開すべく選んだ手段は、会場のお客様が支持するタッグへの拍手投票。

予想通り、いや、予想を上回る大差でお客様の支持は「旭志織&吉田綾斗」に決定し、柏大五郎はそんな二人を応援する「with 柏大五郎」のポジションに。とはいえ、この3人の中ではひと際、存在感があるのも柏であることは間違いない。
旭&吉田with柏_2

今回のブログ企画はそんな柏大五郎選手のコメントを掲載いたします!

◆柏大五郎
「本来なら、俺が相棒(吉田綾斗)と組んで挑戦するべきだったんだけど、俺の唯一の欠点、人気の無さが災いして相棒と旭が挑戦することになったんだけど、相棒も心細くなってるんじゃないかな?

でも、俺もセコンドにつくし、相棒自身のポテンシャルの高さを信じて闘えば、勝機は見えてくると思うから気持ちを強く持ち続けて闘ってもらいたいね!!

まぁ、旭は相棒の脚を引っ張らないように頑張れ。」
K-DOJO吉田&柏

▼ST-Kタッグ王座をかけた次回ビッグショーはコチラ!
★STRONGEST-K TAG選手権試合
《王者》梶トマト&滝澤大志 vs 旭志織&吉田綾斗(with 柏大五郎)《挑戦者》
大会詳細:http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170625super/
対戦カードSNS用ビッグショー

【★ブログ企画:注目カード&選手コメント★】
●6.25ビッグショー:ST-Kタッグ選手権試合
《王者》梶トマト&滝澤大志 vs 旭志織&吉田綾斗《挑戦者》

ユニット再編成の流れからいち早く新ユニット『RoS』として始動した現ST-Kタッグ王者「滝トマ」。その一方で、チグハグな三角関係が続いていた柏大五郎&吉田綾斗&旭志織の3選手。それぞれが意図するパートナー(柏→吉田、吉田→旭、旭→柏)とのST-Kタッグタイトル挑戦を表明し、最終的にはこの3人の中から観客の拍手によって、旭志織&吉田綾斗に挑戦者タッグが決定した。
旭&吉田with柏_2
今回のブログ企画では、ST-Kタッグ挑戦者・旭&吉田のコメント掲載です!

◆吉田綾斗(挑戦者)
「旭さんと同じコーナーで試合するようになっていきなり決まったこのタッグ挑戦。まぁこっちには向こうほどのチームワークはないかもしらん。でもこっちはお互いにないものを補いあってる最高の組み合わせやと思ってる。

それに旭さんが梶さんをがっちり狙っていくように、自分にも滝澤さんから直接とって滝澤を越えたいって強い気持ちもある!

6.25でベルトとって俺たちのこのチームを最高のものに作り上げていく!」
旭&吉田with柏_1

◆旭志織(挑戦者)
「旭&吉田&柏組ってのは、個人的には安室奈美恵とスーパーモンキーズみたいなもんだと思ってて。

あ、もちろん吉田が安室奈美恵で、私と柏さんがスーパーモンキーズね。メインボーカルは吉田で私と柏さんはバックダンサー。でも私と柏さんはMAXになれる力だって持ってんだよ、と。

例えがデカすぎてピンとこないかもしれないけど…つまりはそういう感じでこの3人の関係性をキープしていくのがベストなんじゃないか、って思ってる。

そこにきて、今回の私と吉田によるタッグ挑戦。

さっきも言った「安室奈美恵withスーパーモンキーズ化構想」に沿うならば、タッグには私と柏さんが挑戦してシングルを吉田が狙うってのが理想だったんだけどさ。

お客様の声を反映した結果、旭&吉田組での挑戦が決まっちゃったわけだから…それはそれでモチベーション上がってるよ。

吉田には若さと勢いがあるけど、まだまだ足りないパーツも多い。

そして彼に足りないパーツを僕と柏さんが持ってたりもする。

もちろんその逆もしかり、だけどね。

滝トマはタッグとしての完成度は確かに高い。

でも、1+1を無理して3とか4にしようとしすぎてて、結果的に1×1=1になっちゃってる事も多々あるんだよね。

僕と吉田は1+1がしっかり2となるタッグでありたいと思う。

変革期にある今のKAIENTAI DOJOでいち早く主導権を握るためにも、今回のタッグ戦は確実にモノにしたいね。」

▼ST-Kタッグタイトル戦は次回ビッグショーで開催!
6.25(日)17:00開始 CLUB-K SUPER in Blue Field
大会詳細:http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170625super/
対戦カードSNS用ビッグショー

【★ブログ企画:この選手・チームに注目★】
●K-DOJO女子部:バンビ&ERINA
昨年のERINAのデビューや新練習生として女子が複数名入門と、K-DOJOにも女性レスラー躍進の波が到来しつつあるかに見える。一方で、団体内ではNEX4の発展的解散や滝トマ(梶トマト&滝澤大志)の再結成、そしてダイノストーンズ結成などから始まり、SFUと赤闘覇の解散、そして新ユニット・チームの結成へと発展しているKAIENTAI DOJO。その中でバンビから「KAIENTAI DOJOの女子をもっと鍛え上げて、女子部を盛り上げていきたい」という宣言が5.28新木場大会で飛び出した。

今回のブログ企画コメントは女子部の躍進に燃えるバンビ&ERINAのコメントです!

◆バンビ
「先日、新木場大会でSFUと赤闘覇の合流について、みんなの意見発表の場があり、私は『女子部に力を注ぎたい』ということでSFUを離れました。今現在、KAIENTAI DOJOには私と去年暮れにデビューしたばかりのERINA、そして女子の練習生2名がいます。

もう何年もKAIENTAI DOJOの女子は私だけだったので今まで考えたこともなかったのですが、今後練習生を無事にデビューさせたり、特に今はERINAには他の女子団体でもどんどん経験を積ませたいという思いがあり、しばらくの間女子のみの練習などでどんどん力をつけさせていきたいと思います。

後輩に何かを教えることでもちろん私の成長や新たな発見もあると思います。しばらくの間見守っていただけたらこれ幸いです。いつかまたKAIENTAI DOJOの旗揚げ時のように個性豊かな女子がたくさん活躍する姿を皆さんに見せたいと思いますので、応援よろしくお願いします!We are KAIENTAI DOJO女子部!」

◆ERINA
「待ちに待った女子部の結成。新木場大会でバンビさんが言った言葉が超絶嬉しくて、押し倒してしまいました。いつになったらバンビさんと本格的にチームとしてタッグを組めるのかと本当に楽しみだったのですが、そんな日がこんなにも早く来るなんて夢みたいで。

バンビさんに頼ってばかりのERINAだけど、練習生が二人も入ってきて、成長も早く今の自分には脅威でもあるけど『女子部』のことを考えると嬉しい気持ちしかありません。

これからはバンビさんを先頭に、KAIENTAI DOJOの女子部もすげーんだってとこを見せつけたい!女子練習生!バンビさんと待ってるからね!だけどバンビさんの隣は渡しません!

We are KAIENTAI DOJO…女子部(照)」
バンビ&ERINA


▼次回ビッグショーでもバンビ&ERINAのタッグが登場!
バンビ&ERINA vs 柏大五郎&マリーンズマスク
大会詳細:http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170625super/
対戦カードSNS用ビッグショー

ブログ企画:この選手・チームに注目!
新ユニット『RoS』(梶トマト/滝澤大志/遊馬)
滝トマ遊馬

近頃のタッグチーム「滝トマ(梶トマト&滝澤大志)」の復活や、「ダイノストーンズ(吉野コータロー&ダイナソー拓真)」の結成、バンビの女子部への想い、旭志織→柏大五郎→吉田綾斗→旭…というタッグ結成へのラブコールの三角関係(?)など、ユニットのねじれ現象から始まり、今では活発なパワーバランスの変動へと状況が発展しているKAIENTAI DOJO。

その中で、事の発端となった「滝トマ」の行方については、5.28東京ビッグショー 新木場大会にて赤闘覇とSFUが事実上の解散、そして滝トマ(トマト&滝澤)がつくる新ユニットへの遊馬の加入。さらにトマトがTwitterの投票機能を活用し、多くのファンの皆様からの投票の結果、ユニット名をRays of Sunshineの各単語の頭文字を取り『RoS』に決定したことで、一旦決着がついたように見える。

今回のブログ企画では、その新ユニット『RoS』のトマト、滝澤、遊馬の3選手からユニット名の由来や想い、今後の期待についてコメントをいただきました!

◆梶トマト(RoS)
「チーム名を考えるにあたって、この3人で組むならやっぱり明るいチーム名がいいねと思っていました。3人で色々と話し合い最終的に四つに絞り込み、Twitterアンケートで皆さんに決めて頂きました。
RoSRays of Sunshineの略!

このユニットはKAIENTAI DOJOを明るく!楽しく!太陽のように輝かせるユニットにしていきたい!僕たち3人ならできる!皆さん今後僕たちRoSの活躍を楽しみにしていてください!」
kdojo0604kyoto梶トマト

◆滝澤大志(RoS)
「どうも、RoS考案者の滝澤です。今のKAIENTAI DOJOは『月』が蔓延っていますね。昔から月と対をなす物といえば太陽…そして“サンシャイン”って今年最も旬な感じのアレですから、そーゆーワードが入るのはもはや必然だったと言えるでしょう!

梅雨入りした関東の、どんよりとした曇り空さえも吹き飛ばすぐらいの勢いで突っ走っていきたいと思います!『お客様の心を雲一つ無い青空に』それこそが僕達の正義(ジャスティス)!!」
滝澤大志

◆遊馬(RoS)
「皆自分の気持ちに正直になって選んだ結果だから仕方ないよね!
それぞれひとつの life それぞれが選んだ style
それぞれひとつの life ひとつの愛を yeah yeah

ってあるもんね!ではこれから滝澤、トマト、遊馬の3人はどんなユニットになるのか!

僕の理想は1つ!賑やかなユニット!チーム名も決まってこれからもハッピーに楽しく盛り上げていくよぉ〜!……でも、やることはやる武闘派でもありたいね!」
K-DOJO0507遊馬

このページのトップヘ