KAIENTAI DOJO情報ブログ

プロレス団体 KAIENTAI DOJOの最新情報をお知らせします。公式サイトはwww.k-dojo.co.jp

カテゴリ : ブログ企画

◎ブログ企画:注目カードに向けた選手コメント
【CHAMPION OF STRONGEST-K、STRONGEST-K TAG選手権試合(2.26 TKP千葉大会)】


2.26TKPガーデンシティ千葉大会では真霜拳號がCHAMPION OF STRONGEST-K防衛戦、STRONGEST-K TAGにタンク永井&佐藤悠己が挑戦する。KAIENTAI DOJO最高峰のシングル・タッグベルト共に凶月が絡む。今回は2つのタイトル戦の予想を昨年11月に凶月に電撃加入した本田アユム選手にしてもらいました。

◆本田アユムのタイトルマッチ予想
真霜さんと滝澤さんのタイトルマッチが決まったあとのコメント動画をみたけど、気持ちが上回っているのはどう考えても真霜さん。滝澤さんも強いんだろうけど、それより技術がある真霜さんが気持ちまで上回ってたら勝ち目ないでしょう。ギラギラしてるときの真霜さんは怖い。

タンクと佐藤さんはケンカするほど仲がいい、の典型的なチーム。二人の実力とタッグ力で不安なとこなど全然ない。一つ気をつけて欲しいところは最上。あのタッグは最上がいることで機能している。
まぁでも、今の仲いい二人なら問題なく勝てるでしょう。若手の二人は大会後イベントがあるみたいだから、そっちの準備を頑張ってもらいたい。負けるんだから。

凶月の好きなところは俺がやりたいことをやらしてくれるとこ。そしてもちろん凶月のメンバーは全員好きだけど、そんなことをいったら
今のKAIENTAIメンバーはチーム問わず全員好き。


▼2月26日(日)CLUB-K SUPER in TKPガーデンシティ千葉
開場12:00/開始13:00
◎特別リングサイド&リングサイド完売。
 指定席(前売4,000円)、自由席(前売3,000円/18歳以下1,000円)好評発売中!!
◎大会詳細:http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170226tkp/
201702TKP千葉

◎ブログ企画:注目カードに向けた選手コメント
【インディペンデント・ワールド・世界ジュニアヘビー級選手権試合(2.26 TKP千葉大会)】


★インディペンデント・ワールド・世界ジュニアヘビー級選手権試合
《王者》旭志織 vs SUSHI《挑戦者》
201702TKPインディJr.

これまで独立系団体の名だたる名選手が巻いてきたベルト『インディJr.』。昨年12月25日に10度目の防衛を凶月佐藤悠己から果たした旭志織。一方、全日本プロレスからフリー転向を発表したばかりのSUSHIが、タイトルへの最初のアクションとして選んだのがこのインディJr.への挑戦表明だった。
kdojo0129_01

11度目の防衛戦に『World Wide』SUSHI選手を迎え、『INDEPENDENT WORLD』の名に相応しい、ひと味もふた味も違う個性的な闘いが繰り広げられるに違いない注目のタイトル戦について、その展望を旭選手にインタビューしました。
kdojo0219_1
★☆*・゜゚・*:.。.★☆.。.:*・'・*:.。.★☆.。.:*・゜゚・*★☆*・゜゚・*:.。.★☆
Q:SUSHI選手は旭選手から見てどんな選手?
◆旭志織:間違いなく実力者ですよ。ファニーな外身に騙されちゃいけない。中身は往年の名レスラーに基礎を叩き込まれた実力者…のような気がします。


Q:勝つための作戦は?
◆旭:勝つためのシミュレーションはいつも何通りもやってます。それが思い通りにいくことなんてほとんどないけど…それでもね。
sushi_asahi01

Q:対戦相手にひと言
◆旭:お互いジュニアらしくない試合スタイルだけど、そんな僕らにしか出来ない闘いがあると思うんでね。そこでガッチリと勝負しましょう。ワサビてんこ盛りのSUSHIでお願いしますよ!


Q:ちなみに一番好きな寿司ネタは?
◆旭:生魚は苦手なので…カッパ巻き。たとえ寿司は苦手でも、SUSHIは美味しくいただきますんで!
sushi_asahi02

▼2月26日(日)CLUB-K SUPER in TKPガーデンシティ千葉
開場12:00/開始13:00
◎特別リングサイド&リングサイド完売。
 指定席(前売4,000円)、自由席(前売3,000円/18歳以下1,000円)好評発売中!!
◎大会詳細:http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170226tkp/
201702TKP千葉

◎ブログ企画:注目カードに向けた選手コメント
【K-DOJO代表&1期生 vs 16期生(2.26 TKP千葉大会)】


★タッグマッチ
TAKAみちのく&柏大五郎 vs GO浅川&ダイナソー拓真
0226TKPcard4

KAIENTAI DOJO代表・TAKAみちのく、そしてKAIENTAI DOJO1期生・柏大五郎。まさに団体の歴史そのものと言えるこのタッグとぶつかるのは、16期生のGO浅川&ダイナソー拓真。
ダイナゴー

デビューしてまだ2年に満たない彼らだが、同じ16期生には既にタッグチャンピオンとなっている吉田綾斗&最上九がいる。プロレスラーである以上、同期は仲間でありライバルでもある。先にベルトを巻いた同期の姿を見て悔しくないはずがない。ならば俺たちはTAKAみちのくを誰よりも早く越えてやる…そんな野心メラメラの2人の作戦会議の模様をお届けします。

★☆*・゜゚・*:.。.★☆.。.:*・'・*:.。.★☆.。.:*・゜゚・*★☆*・゜゚・*:.。.★☆

GO浅川2月26日のTKPガーデンシティ千葉大会では、TAKAみちのく&柏大五郎タッグとの対戦やけどどう思いますー?

ダイナソー拓真:どっちもズルいから俺は苦手だなぁ…浅川氏は?

浅川:何がズルいんや?(笑)TAKAみちのくに関しては百戦錬磨のテクニックと経験がある。だけど、穴があるとしたら柏大五郎一択だと自分は思うんだよね。その穴を突いたら勝機はあると思うんよ。

ダイナ:やっぱりテクニシャンとかそーゆう奴は何かずる賢さがあるじゃん⁇でもそれがその人の「強み」だとも思うしね。そー考えると柏さんもズルイよ!!穴なぁーな…。

浅川:ズルいか…(笑)まあ俺らは愚直に突き進んだらいいんじゃないかな。若さと勢い、パワーは負けないものがあるから。
ダイナそー

ダイナ:オレ達はもう暴れるだけだからな。最近、浅川氏は体が大きくなってきてるし、いろんな意味でのパワーは強くなってるからね。そー考えたら俺らパリナソーが勝つな、うん!そしたら何か綺麗な言葉で締めてくれよ浅川氏!!

浅川:俺がぁ??KAIENTAI DOJOの代表&1期生のタッグよりも、現在進行形の俺たちのタッグの方が強いってことを証明する試合になるでしょうね。もちろん俺たちがやってやりますよ。勝って次に進まさせていただきます。

ダイナ:GOOD!!
ごー浅川


★TKP千葉大会後のアフターパーティーも参加申込受付中!
受付終了間近!お急ぎください!!

【TKPガーデンシティ千葉大会アフターパーティー】
◎イベント名:NEX4アフターパーティー「ノッポと恐竜とパリピ 時々しゃくれオタク」
◎日時:2017年2月26日(日)17:00(大会終了時間によって多少の変動あり)
◎場所:TKPガーデンシティ千葉 2F EQUATEUR(エクアトゥール)※カンデオホテルズ千葉内[千葉県千葉市中央区問屋町1-45]

◎会費:飲み放題・食べ放題
●一般  5,500円
●小学生 3,000円
※小学生未満は無料(要保護者同伴)
※会費は当日、イベント会場でお支払いください。
※定員40名。

◎アフターパーティー参加申込受付期間2月24日(金)18:00まで
※参加申込のキャンセルは17日(金)18:00で受付終了。以降は100%のキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。
◎参加予定選手:吉田綾斗、最上九、GO浅川、ダイナソー拓真

【プレイガイド】
KAIENTAI DOJOチケット購入受付フォーム(http://www.k-dojo.co.jp/ticket)
●KAIENTAI DOJO事務局(043-214-6960)[受付時間12:00〜18:00/月曜休]

▼2月26日(日)CLUB-K SUPER in TKPガーデンシティ千葉
大会詳細:http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170226tkp/
201702TKP千葉

◎ブログ企画:注目カードに向けた選手コメント
【STRONGEST-K TAG選手権試合(2.26 TKP千葉大会)】


★STRONGEST-K TAG選手権試合
《王者》吉田綾斗&最上九 vs タンク永井&佐藤悠己《挑戦者》
201702TKPST-Kタッグ

KAIENTAI DOJOタッグ王者の証『STRONGEST-K TAG』のベルトをかけ、2.26(日)TKPガーデンシティ千葉でぶつかる吉田綾斗&最上九とタンク永井&佐藤悠己。

BO-SOゴールデンタッグリーグ2017では見事優勝し、ST-Kタッグ王者の名に恥じない結果を残した吉田&最上。このままタッグ戦線のトップを突き進むかに思われた若きチャンピオン組だったが、次なる挑戦者タンク&佐藤には前哨戦でそれぞれがシングルマッチを行い、試合内容で圧倒されている。

防衛戦であると同時にリベンジの場ともなる2.26(日)TKPガーデンシティ千葉大会に向けた意気込みコメントです。
kdojo0129_05


◆吉田綾斗(王者/NEX4)
「次のTKPガーデンシティ千葉大会の挑戦者2人には、タッグリーグで1度負けている。悔しいけど誰が見てもわかるくらいに完敗やった。

だからこそ、次はリベンジの意味でも勝たなあかん。こんな時こそチカラを出せるのが俺たちやと思ってる!次も絶対に俺たちの最後まで諦めへんプロレスで、ベルト守ってみせるぞ!!」
kdojo吉田綾斗

◆最上九(王者/NEX4)
「胸部の負傷。それを言い訳になんか絶対にしない。確かに不利な事には変わりはない。だからって負けるつもりは毛頭無い。

今俺に出来る事はただひたすらに相手を見て、研究して、対抗策を練る事だけだ。タンク永井にタッグリーグでも、前哨戦でも負けたが相手を知る事が出来た。あとは勝つ為の対策を練りに練るだけだ!

いつでも心は挑戦者!前哨戦なんかいくら負けてもいい!タイトルマッチで防衛出来ればいいんだ!最後に勝つのは絶対に俺たちだ!2/26では!俺たちが防衛する姿を!見とけー!!!」
バタフライもがみ


▼2月26日(日)CLUB-K SUPER in TKPガーデンシティ千葉
大会詳細:http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170226tkp/
201702TKP千葉

◎ブログ企画:注目カードに向けた選手コメント
【STRONGEST-K TAG選手権試合(2.26 TKP千葉大会)】


★STRONGEST-K TAG選手権試合
《王者》吉田綾斗&最上九 vs タンク永井&佐藤悠己《挑戦者》
201702TKPST-Kタッグ

KAIENTAI DOJOタッグ王者の証『STRONGEST-K TAG』のベルトをかけ、2.26(日)TKPガーデンシティ千葉でぶつかる吉田綾斗&最上九とタンク永井&佐藤悠己。

前哨戦では最上vsタンク(2.11K3000)、吉田vs佐藤(2.19K3000)とそれぞれシングル戦を行い、タンクは最上をダイビングセントーンで欠場に追い込む程の圧勝。佐藤は反則負けとはなったが、吉田のヒザを徹底的に狙うとともに、凶月得意のセコンドも介入したラフプレーで吉田を痛めつけた。

今回は凶月の挑戦者タッグによるタイトルマッチに向けてのコメント、そしてケンカが絶えず不仲説もささやかれる2人に、敢えて互いの好きなところを語っていただきました!

◆タンク永井(挑戦者/凶月)
「もう負けることは分かってるんだから、もう一度怪我する前に俺たちにベルトを、お土産でもつけて寄越したらいいんじゃないか? 佐藤のスーパー残虐ファイトが飛び出したら、骨の1本や2本じゃ済まないからな!」
※タンク選手からは佐藤選手の好きなところのコメントはいただけませんでした。。。(編集部)
0211タンクvs最上

◆佐藤悠己(挑戦者/凶月)
「意気込みなんてないよw おれとタンクが仲良くしたら、あのグリーンボーイ達に勝ち目なんて無いんだから。特に今回は。圧勝でめんごちゃん>_< 笑

ん?タンクの好きなところ?いっぱいあるよ!酒飲むとすぐ怒るとことかー、みんなに内緒で自分のTシャツ作るところとかー、その在庫が余りまくってるところとか…あー!!考えたらムカついてきた!!ヨシダ!モガミ!覚悟しとけよ!!」
0219佐藤vs吉田

▼2月26日(日)CLUB-K SUPER in TKPガーデンシティ千葉
大会詳細:http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170226tkp/
201702TKP千葉

ブログ企画:注目カードに向けた選手コメント
【H2(ハッピー&ハイテンション)対 BADBOY タッグマッチ(2.26 TKP千葉大会)】


★H2(ハッピー&ハイテンション)対 BADBOY タッグマッチ
梶トマト&遊馬 vs フジタ“Jr”ハヤト(みちのくプロレス)&拳剛(フリー)

57


遊馬のSFU加入からタッグを組む機会が増えている梶トマトと遊馬。トマトのハイテンションと遊馬のハッピーキャラクターから二人のタッグ名は「H2(ハッピー&ハイテンション)」に決定!2.26(日)TKPガーデンシティ千葉大会で、そんな底抜けにポジティブなタッグの対戦相手に決定したのがH2とは正反対な、みちのくプロレスの武闘派強面ユニット「BADBOY」フジタ“Jr”ハヤト&拳剛。

強敵との対戦が決定したH2の二人に対戦に向けての意気込みと、対みちのく勢ということで「東北での思い出」をコメントでいただきました。

◆梶トマト(H2/SFU)
「TKPガーデンシティ千葉大会までいよいよあと少し。対戦カードは…マジでカードを知ったときはビックリしたわ!遊馬なんて目が点になっていたからね(笑)

でも決まった以上はやるしかない!相手は確かに強い!でも「ハッピー&ハイテンション」では僕たちが勝っている!そこんとこ皆さん忘れないでね!勝利したら相手の二人も一緒に皆でトマトダンスを踊るぞ〜♪

東北の思い出は…寒かった。だけどTKP千葉大会は熱気で暑くなる事は間違いない!お楽しみに!」


◆遊馬(H2/SFU)
「こんにちハッピー♪ハリソン・フォ○ドだよ♪
2.26(日)TKPガーデンシティ千葉大会までもう少し!僕ら梶トマト、遊馬のハイテンション&ハッピータッグの相手はフジタ"Jr"ハヤト&拳剛組。いつもニコニコでハッピーに振る舞っている僕だけど、正直ガクブルだね!

2年くらい前に仙台で真霜と組んでフジタ選手、卍丸選手とタッグで対決したことがあるんだ。その時は蹴られ、殴られ、頭突きされ…挙げ句に絞め落とされるというね…全然ハッピーじゃなかったね!!その翌日には稲松さんにも頭突きされて、ホント災難な東北ツアーだったよw

怖さは知っているよ!でもその時から僕は変わっている!もちろん試合は勝ちに行くよ!その上で、相手もハッピーになるような試合にしたいね!パッと見は怖い2人だけど、最後はニコニコしながら一緒にトマトダンスを踊る姿が僕には見えるね!」
kdojoうろたえる遊馬
対BADBOY戦カードを初めて聞き動揺する遊馬

201702TKP千葉

◎ブログ企画:新期練習生募集!
《若者よ進め!Get your Dream★タッグチャンピオンのススメ》


KAIENTAI DOJOでは現在、2017年春に入門する新期練習生を募集しております。入門テストは千葉・大阪・名古屋から選択可能。願書を事務局が受領したのちに詳細をご連絡いたします。早めの対策のためにも、早期の応募をおすすめいたします!応募要項は次のバナーをタップ!

▼KAIENTAI DOJO 2017年春入門 新期練習生募集
banner_trainee201703
募集要項など詳細はコチラをご覧ください!!

今回のブログ企画は現STRONGEST-K TAGチャンピオンで、かつBO-SOゴールデンタッグリーグ2017優勝タッグの吉田綾斗&最上九に『プロレスラーになるためには?』、『プロレスラーとして結果を出すためには?』という切り口でお話いただきました。
kdojo0129_04

★吉田綾斗(NEX4)
プロレスラーになりたいなら、なによりも『なにがなんでもレスラーになる』という気持ちを持っといてほしい。自分が1年でタッグ王者になれたのも、上に立ちたいって気持ちが強かったからやと思う。

それとタッグ王者になれたもう1つの要因はキックボクシング、総合格闘技というバックボーンがあったからやと思う。どんなスポーツでもいいけど、俺にはキックボクシングが向いてたし、その経験はプロレスに入ってからもほんまに活かされてる!

プロレスラーになるために、自分にしかない武器を作るのも1つやと思うな!しっかりと基礎体力つけて強い気持ちを持って、誰にも負けへんアピールポイントがあればプロレスラーになれる!一緒にKAIENTAI DOJOを盛り上げていこー!!
kdojo0122_03

★最上九(NEX4)
新期入門生には本気でなりたいという気持ちで来てもらいたい。もちろんプロレスラーになりたいという気持ちがあるから、道場に入りたいと思うのだと思う。でもそれが本気なのか否かはとても重要だ。「興味」と「情熱」は全く違う。情熱を持ってプロレスに打ち込める人がプロレスラーになれるのだと思う。

本当にプロレスラーになりたいという強い気持ちがあるからこそタッグ王座を獲得するまでに至った。少しでも強く、少しでも上手くなるために、と考えるのは、プロレスへの強い情熱があるからだ。

最初は同期の中で1番体力が無かった。だから日々のトレーニングでは毎日のように置いていかれた。身体作りはレスラーの基本だから、入門する前からしっかりとしておけば良かったと本当に感じた。

情熱、そして努力する心があれば必ずプロレスラーになれると思う。KAIENTAI DOJOの後輩としてデビューするのを心待ちにしています!
kdojo0129_BOSO優勝


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「プロレスラーとしてではなく、ボランティアスタッフとしてKAIENTAI DOJOを支えていきたい!」、「人前に立つのが好き!プロレスラーを引き立てるリングアナorレフェリーとして活躍したい!」というアナタには『スタッフ募集』も実施中!現在の仕事を続けながらのチャレンジOK!!ぜひともご応募ください★

▼KAIENTAI DOJO 2017年春スタッフ募集
http://k-dojo.blog.jp/archives/52099075.html

2月5日(日)「稲松三郎引退興行 最初で最後の三郎祭り」にて引退試合を行った稲松三郎選手からファンの皆様へのメッセージをいただきました!


「最後に火野と全力でぶつかり合って完全燃焼できました。怪物の様な同期の攻撃が凄すぎて、もうプロレスをやろうと思う力が残っておりません。

素敵な仲間達と素敵なお客さん達に送り出してもらい、あれだけの最高の空間で引退試合が出来たのは一生の思い出ですね。

それもこれも自分がKAIENTAI一筋で13年やってきたからというのもあると思うので。この稲松三郎のプロレス人生に悔いは全く無いです。

ファンの皆様、こんな不器用なレスラーである私に今まで声援をくれて、本当にありがとうございました。

現役は引退しましたが、これからはOB会の一員として団体を応援していきますから。KAIENTAIのこれからの発展を皆様と一緒に支えていきます。」


ITI3GgVLFu

◎ブログ企画:注目カードに向けた選手コメント
【CHAMPION OF STRONGEST-K選手権試合(2.26 TKP千葉大会)】


★CHAMPION OF STRONGEST-K選手権試合
《王者》真霜拳號 vs 《挑戦者》滝澤大志
S_5579856473129

BO-SOゴールデンタッグに2016年トーナメント覇者として臨んだ滝澤大志(パートナーは吉野コータロー)。しかし2017年はリーグ戦でブロック敗退。自身は優勝決定戦へは進めなかった一方、2月26日(日)TKPガーデンシティ千葉大会でKAIENTAI DOJO最高峰のベルトをかけて戦う真霜拳號が出場する優勝決定戦を見て彼が何を想ったのか?

◆滝澤大志
前回大会の覇者、そして前ST-Kタッグチャンピオンここにあり!って所をしっかり見せつけたかったのですが、残念ながら結果を残すことが出来ませんでした。悔しい。

しかし優勝を逃したことよりも更に悔しかったことは、優勝決勝戦で自分よりも先に吉田綾斗が真霜拳號からスリーカウントを奪ったという事実。TKPガーデンシティ千葉で自分が勝つことを大前提で言わせて頂きますが、これじゃ真霜越えのインパクトが薄れてしまうじゃないかと!

まぁ、お手柄を横取りした吉田はのちのちチョップでしばき倒すとして、2月26日TKP千葉ではキャリア1年ちょいの選手に負けてしまった真霜拳號にしっかりと引導を渡してやろうと思います。

▼2月26日(日)CLUB-K SUPER in TKPガーデンシティ千葉
大会詳細:http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170226tkp/
2017TKP&ホール

◎ブログ企画:あの勝負の後日談
《勝者が敗者の髪型を好きにプロデュースできる3WAYマッチ》

1.29 CLUB-K SUPER in Blue Field

BO-SOゴールデンタッグリーグ2017からの、おかしな飛び火試合となった「吉野コータローvsダイナソー拓真vs佐藤悠己」のそれぞれの髪型プロデュース権をかけた3WAYマッチ。この3WAYマッチが行われたすぐ翌日、勝者佐藤に敗者吉野が連行された美容室での事の顛末(てんまつ)をブログ企画独占記事にてご紹介いたします!

◆まずはカット開始前(写真1)
不安なのか、もしくは不満なのか。何とも言えない表情。
1吉野before
…しかし開始10分後。

◆入眠(写真2)
美容師さんによる一生懸命な作業中にもかかわらず眠りについた吉野。
2吉野sleep
諦めの境地なのか、ただの寝太郎なのか…。

◆プロデュース進行中(写真3)
3吉野sleep2
寝ていても着々と作業は進行していく。

◆そして完成!!!(写真4)
さときゅんプロデュース完了!
4吉野hair
完成形は2.4(土)K3000にて!

▼2.4(土)CLUB-K 3000
http://www.k-dojo.co.jp/schedule/20170204k-3000/

★☆★☆★☆★☆★☆

◆満足の佐藤&タンク(写真5)
一方、佐藤悠己が負けた場合は代わって髪型をプロデュースされるという理不尽な立場だったタンク永井。さまざまなフラグを乗り越え、さらには相棒佐藤との2.26(日)TKPガーデンシティ千葉でのST-Kタッグタイトル挑戦も決定!
5佐藤&タンク無事
最強仲良しタッグの誕生か!?


◆恐竜はいつもの美容室へ(写真6)
恐竜は「何とかなりました!」と報告しに美容室を訪問。
6ダイナ無事
果たしてこのシーンは必要だったのか!?(編集者談)

このページのトップヘ